手術なしで簡単に体重を落とせる「胃風船」が登場

毎年お正月で食べ過ぎてしまい、体重が増えるという方も多いのではないでしょうか。運動や食事制限は辛いもの。手術をするほどでもない。できれば何もせずに痩せたいなどという、愚かな考えは誰でも一度は抱いたことがあるでしょう。このたび、アメリカでそんな欲望を満たす発明が発表されました。

Pill balloon may help overweight shed pounds without surgery

http://www.geek.com/science/pill-balloon-may-help-overweight-shed-pounds-without-surgery-1643391/

Allurion_gastric_balloon-590x330

スポンサーリンク

世界一の肥満大国でダイエット用「胃風船」が登場

肥満と診断される日本人の割合は、弾性で約30%、女性で約20%になります。ですが世界一の肥満大国アメリカでは、実に3分の2が肥満だという統計結果があります。ダイエットのためには生活習慣と食習慣の見直しが欠かせませんが、これが一筋縄ではいきません。数多くのダイエットアプリが作られていますが、成功したという人の方が少数派でしょう。外科手術による脂肪吸引などもありますが、これは身体に直接メスを入れる「侵襲的」な方法であり、手術代や入院代など非常に高額になってしまいます。そんな中、米国「Allurion Technologies社」は世界初のお手軽胃風船「Elipse」を開発したと発表しました。胃風船とは何でしょう?

胃壁を圧迫して満腹感をもたらす

胃風船とは、その名の通り胃の中で膨らんで満腹感をもたらす風船の事です。食べ過ぎを未然に防ぐ事ができます。特殊コーティングが施されたカプセルをカテーテルの先につけておき、そのまま胃の中に挿入します。胃の中でコーティングが溶けると風船の中に蒸留水が注入され、膨らんだ大きさを維持します。空気が抜けるまで約4カ月間胃の中に留まることができ、その後は排泄物と一緒に排出されます。実験は34人のギリシャ人とチェコ人被験者を対象に行われ、数か月後には平均約10キログラムの減量に成功しました

手術する程ではない太りすぎに悩む患者に最適

「減量に苦しむ多くの人にとって、この胃風船はダイエット薬と外科手術の中間という、新たな選択肢になるでしょう」。そう語るのはカリフォルニア大学アーバイン校附属病院外科部門・胃腸手術長のNinh T Nguyen氏です。Nguyen氏はこの胃風船の実験にこそ携わっていませんが、「肥満治療手術の対象にこそならないものの、過体重であることに間違いはない多くの患者にとって大変喜ばしいものです」と語っています。

正しい食習慣は何よりも大事

あらゆるダイエット法について回る疑問点は、はたしてその方法でやせた後、体重を維持できるのかということです。Elipseによってやせた患者が、そのままの体形でいられるという保証はありません。苦労していない分、身に付いていないので難しいのではないかという意見もあります。いずれにせよ、完全にElipseに頼り切るのではなく、正しい食習慣を身に付ける努力は必要でしょう

スポンサーリンク