Microsoftがクラッシュの理由を表示するQRコードを実装の予定

この記事をSNSでシェアしよう!

o6xx4pll

スポンサーリンク

Windows 10アップデートでクラッシュの原因を判断してQRコードを表示する機能が実装予定

使用していたソフトが急に閉じられ、作業中のデータも失われてしまう「クラッシュ」。

こまめにデータを保存する習慣のある方はともかく、そうでない場合は今までの数時間分の苦労がすべて水の泡になる悪夢のような現象です。

メモリの不足で起こることがあるのは良く知られていますが、具体的にどのソフトがメモリを食っているのかなどの詳細は表示されませんでした。

Microsoftはこの点に注目し、2016年夏のアップデートでWindows 10のエラー画面上に、クラッシュの原因を知るためのQRコードを実装することを計画しているようです。

QRコードの読み取りには当然PC以外のデバイスが必要になり、スマートフォンなどのデバイスからQRコードを読み取るとクラッシュの原因に即したカスタマーサービスを受けられるようになります。

リーク画像のQRコードは開発中のもの

情報提供者の投稿した画像には、開発中と思われるQRコードの表示されたエラー画面が載っています。

試しにこのQRコードを読み取ってみると、クラッシュのエラー画面が表示される一般的な理由の解説ページにつながっていました。

開発中ですので、今の段階で詳細なページに飛べると思うのが間違いでしょう。

一般ユーザーの中には、これまでクラッシュ画面で表示されていた「BAD_SYSTEM_CONFIG_INFO」や「KERNEL_DATA_INPAGE_ERROR」といったメッセージに拒否反応を起こす方も多く、それよりも直接解決策のあるページに飛べるのなら、一段と使いやすくなるのは間違いないでしょう。

Via: Engadget

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアしよう!