Windows 8とIE 8~10のサポートが終了 Win 8.1やIE 11はサポート継続

Windows XPがサポートを終了したのが2014年4月9日。ずいぶん昔の事のような気がしていましたが、ほんの2年前でした。そして2016年1月13日、Windows 8とIE 8、9、10のサポートが終了しました。今後もサポートを受け続けるには最新版(Win 8.1/10 IE 11)に切り替える必要があります。

Windows 8 and Internet Explorer 8, 9, and 10 Are No Longer Supported, Upgrade Now

http://lifehacker.com/psa-windows-8-and-old-versions-of-ie-are-no-longer-sup-1752484260

oyk81hunxh2bnf9acvnm

スポンサーリンク

いまだにWin 8を使っているユーザーは約20% 今すぐ更新を

Windows 8.0とインターネットエクスプローラー(IE)8、9、10のサポート期間が終了しました。Microsoftがこれらのソフトのサポートから手を引いたことで、アップグレードするかハッキングされるかの選択を迫られることになります。

Windows 8.1へのアップデートや10へのアップグレードがされていないデバイスは非常に多く、テクノロジー関連のトピックを扱う情報サイト「Computerworld」によると2015年12月の時点で4,800万台のデバイスでWindows 8を使っているとのことです。実に5台に1台が8.1ではなく8を使っていることになります。ハッカーがこんな大きな餌場に目をつけないわけはありませんので、今すぐアップデートorアップグレードをお勧めします。

Win 8.1/10やIE 11はサポート継続

Windows 8やIEへのサポートがなくなったことで、今後はセキュリティパッチやテクニカルサポートを受けられなくなります。ですがIE 11はサポートが継続されますので、MicrosoftはIE 8、9、10を削除する前に11へのアップグレードをするよう推奨しています。2年以上前にリリースされたWindows 8.1へのサポートは継続され、こちらは2023年1月10日までサポートを受けられます

スポンサーリンク