10月6日にMicrosoftがSurface Pro 4と新型スマートフォンを発表

Microsoftが来月Windows10デバイスの発表にメディアを招聘しはじめました。Microsoftは10月6日ニューヨークでプレスイベントを開いてWindows10が動作する種々のデバイスを発表します。

Windows10

The Verge誌は10月の発表の詳細を確認しました。それによるとSurface Pro 4Lumia 950 / Lumia 950 XLハンドセット、さらに新しいMicrosoft Bandが同時に発表になるようです。MicrosoftはWindows10ハードウェア以外の情報を出していません。

今月のIFAではMicrosoftのイベントは面白味の無いものでした。いまや周囲の目は同社のSurface Pro 3に代わる新機種に注がれています。今回のイベントの目玉はLumiaハンドセット2つとSurface Pro 4です。Lumia 950とLumia 950 XLについては数か月間噂が流れてきました。そして両製品の仕様書と画像は既に流出しています。残すはプレスレンダーとどう違うのか、Windows10モバイルエコシステムにどのようにフィットするのかでしょう。

Microsoftが商業用帯電機器とフォームファクターを大きく変えないと公言していたこともあり、Surface Pro 4は3から抜本的な改変はなされていません。ですがそれはMicrosoftが停滞しているということを意味しません。Surface Pro 4を薄く軽くすると同時に、ディスプレイサイズと解像度を向上させているのです。MicrosoftはWindows HelloサポートをSurface Pro 4に導入する計画を立てている一方、Intel RealSenseカメラは導入しないのではないかと噂されています。その代わり、指紋スキャナーは搭載されそうです。

Surfaceデバイスの14インチ版の存在も噂されています。The Verge誌は他のSurfaceデバイスの存在の噂も把握しています。実際に登場する可能性は無視できません。The Verge誌は10月6日のWindows10イベントをフォローしていきます、当誌のライブブログ等をお見逃しなく。

スポンサーリンク