ColinFurze:家庭用ホバーバイクを作った男

この記事をSNSでシェアしよう!

screen-shot-2016-04-28-at-2-19-44-pm

スポンサーリンク

現代のマッドサイエンティストがホバーバイクを作製

YouTubeに自作の面白マシンの動画を投稿している「現代のマッドサイエンティスト」Colin Furze氏をご存じでしょうか。

かつて「アニメ風のベアークロー」「ジェットエンジンで走る自転車」「天井を歩くためのブーツ」「手首装着型火炎放射器」などを作製し、「世界最速のベビーカー」のギネス記録も持っている人物です。

そのファンキーな発明品は記事下部にある動画からご覧いただけます。

そんなマッドサイエンティストColinですが、今度は家庭用ホバーバイクを作製しました。

高速回転するプロペラをバイクの前後に配置し、地面から浮き上がることに見事成功しています。

マッドサイエンティストは工学の素人

彼はエンジニアリング関係の資格などは持っていません。

これまで数々のクレイジーマシンを生み出してきましたが、全て素人の手によるものなのです。

まさにクレイジー。

しかし毎度のことながら、失敗すればただでは済みません。

今回は足の近くをプロペラが高速回転しますので、一歩間違えば文字通り足が飛びます。

iPS細胞を使った足の再生はまだまだ実用には程遠い段階ですので、飛んでしまっては取り返しがつきません。

ハンドルなし、安全性にも問題あり、でも本人は楽しそう

動画内で見事浮き上がったホバーバイクですが、今のところハンドルがありません(固定式のグリップはありますが、あくまで身体を支えるものです)。

しかもバランスを崩した時にプロペラに巻き込まれかねないデザインですので、危険なことこの上ありません。

上から紐で吊るしたお手製シミュレーターで数時間訓練した後に実機に乗り込んでいますが、それでもバランスを取るのは難しい様子です。いつもの高いテンションで乗り回しています。

楽しそうで何よりです。
Via: Gadgets – TechCrunch

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアしよう!